私の育毛とヘアケアについて

私の場合、髪は太く量が多い方でした。

32歳の頃仕事のストレスで部分的に脱毛しました。そのときは大変な驚きでしたが対策として薬局へ行って育毛剤を迷いなく買いました。

当時すでに育毛剤がたくさんありましたので目移りしましたが、多分3,000円くらいの商品を買ったと思います。毎日風呂で洗髪をして、その際に必ずリンスもしてドライヤーは使わずに自然乾燥していました。

毎朝髪をセットするときに育毛剤を頭にふりかけていました。効果はすぐに表れず数か月かかったように思います。

仕事のストレスが減って忘れかけたころに復活していましたが、完全には復活しなかったように思います。さらに時間がたってから以前と同じような感じに戻ったように思います。

そして途中で知ったのですが使い方を間違えていたのです。

頭部全体に行き渡るように塗布していきます。
何度か小まめに塗布→なじませる→塗布…を繰り返すのがコツ。
リニューアルでダイレクトにスプレーできるようになったので、以前よりもぐっと使いやすくなりました。
なお1回あたり30プッシュが目安なので覚えておくと良いかもしれません。
参考:チャップアップの使用方法、効果が出やすい使い方をマスターしよう|チャップアップの副作用研究所

育毛剤の使い方が違うだけでこんなにも変わるものなのかと、恐ろしくなりました。

それからというものは髪に神経を使うようになりましたが、加齢とともにだんだん髪が細くなりましたので現在アラフォー世代ですが整髪料を使うときなど髪に対して慎重になりました。

若いうちは育毛について考えてなかったんですが、ねんねん中年になってくると育毛のことを考えるようになってくるんですよね。

若いときは髪の毛の1本1本にハリつやがあり、うねりとかクセなどの方に悩みが多かったと思います。髪の毛が薄くなるというより1本の髪の毛が細くなってきたように感じます。美容院に行ったときもそのようなことを言われました。

そのため、髪の毛にタンパク質を入れたりしています。髪の毛の内部にタンパク質を入れ込むことで1本1本のコシがしっかりしてくるということです。そしてツヤがでるトリートメントをすることで髪の毛の内部の栄養が流れ出ないようにすると仕上がりがよくなるそうです。

やはり内部だけでなく表面に膜をつくることも大切だそうです。そして、毎日の生活でのホームケアも怠らないようすることが大事です。

シャンプー、トリートメントもコシ・ハリ・ツヤがでるもの、あまりコシ・ハリが強すぎると梅雨時期にクセ毛がでるのでトリートメントはサラサラを選ぶことで髪の毛がまとまって根元の立ち上がりが良くなってきます。

薄毛、抜け毛に悩まされている人にとって育毛剤は非常に効果的な働きを持っています。とはいえ育毛剤には数多くの種類があり、それぞれ成分が違っています。そのため利用する側にも知識が必要となる要素が多いです。

目安となるのは成分で、肌にどのような働きを持つのか知っておいた方が良い物もあります。育毛剤のなかには刺激の強い成分が混じっていることもあるため注意して選びましょう。比較して決めるのがオススメですが、知識が無い場合はインターネットやチラシなどで情報を集めておく必要があります。

またヘアケアに関しても間違った知識で行っている人が多いのが現状です。髪を洗い過ぎないこと、シャンプーやトリートメントにも髪に良くない影響を与える成分が含まれていることがあるのです。

また髪には人体に良い働きを持つ菌もあるため、洗い流すのが必ずしも正しいとは限りません。場合によっては何もつけず、ぬるま湯で髪を洗ったほうが良い事もあります。

気を抜いたら抜け毛が酷くなって

私は現在アラフォーですが薄毛治療を開始して10年になります。私の薄毛は頭頂部からつむじにかけて薄くなっているような感じです。

そんな私ですが昨年ハーグ療法という施術を行いました。私のようなAGA患者には効果が期待できると知ったからです。

半年程施術を行い完全に薄毛が改善するまでとは行きませんでしたが、ある程度満足できるまでに回復したのでした。ハーグ療法と同時にプロペシアの服用も続けていました。もう薬を飲まなくても大丈夫ではないかと判断した私は今年の1月からプロペシアの服用を辞めたのでした。すると服用を辞めた3ヶ月後に急に抜け毛が酷くなったのです。

髪の毛を洗うのがおっくうになるほど毎回抜けていました。その結果ハーグ療法を受ける以前くらいの薄毛に戻ってしまったのです。その時はショックと薬を辞めてしまった事に後悔したほどでした。

その後プロペシアを再び開始し現在は、少しずつ髪の毛が戻ってきている印象はありますが先の見えない治療に悩まされるばかりです。

若いうちから育毛剤を使う

薄毛やはげているのが気になり始めてから、育毛剤を使っても、効果がないということを知りました。

私の父は、M字型にはげています。父親の髪の毛がフサフサだったらもっとかっこいいんだろうにと、何度も思ったことがあります。

専門学校の在学時に、校長先生が、年齢の割にとてもフサフサの髪の毛をしてらっしゃいました。なので、勇気を振り絞って聞いてみたところ、薄毛・はげの家系だったから、20代後半の若いころ、まだ髪の毛がフサフサしているころから、育毛剤を定期的に使っていたとおっしゃっていました。

私はてっきり、育毛剤は薄毛やはげが気になりだしてから、使うものだと思っていたので、衝撃的でした。また、母親の会社の同僚で、お兄さんが美容師をしている方も、30歳になったけど、薄毛が心配だから育毛剤を使い始めていると聞きました。

気になりだしてから、急いで使っても効果はなく、予防と言う意味も込めて、気になり始めるより前から、育毛剤を使用することが効果的であることを知りました。

1か月ほど前に主人に10円ハゲ発覚

1か月位前に主人に10円ハゲがあるのに初めて気が付きました。少し言いづらかったのですが知らないのはかわいそうだと思い、思い切って10円ハゲがあることを教えました。

すると主人は驚いてかなりショックだったようでした。

最近仕事でストレスがたまっているようだったのでストレス性のものかもしれなし、40代半ばにさしかかってとうとうハゲてきたのか判断できませんが、主人はその日以来私のシャンプーを今まで使用していたのをやめ、トニックシャンプーに変えて毎日しっかりシャンプーするようになりました。

毎日シャンプー時にはマッサージを欠かさずやっているようです。そして私に時々ハゲがどうなっているか聞いてきます。暫くは何の変化もなくやっぱり年齢のせいでハゲてきたのではないかと思い始めていたのですが、最近になって少しずつ短い毛が生え始めてきて驚きました。

主人のハゲは何が原因なのかわかりませんが、とりあえず毎日のケアが功を奏しているようです。

自分流ヘアケア術は危険?!

ある日、地元の図書館に行ったときのことでした。何気なく美容関係の本棚を見ていると、一冊の本が私の目に飛び込んできました。その本を手にとって、中を見てみると・・・そこには、今まで自分がしていたヘアケアは間違っているのではと思うような目からうろこの情報が、たくさん並んでいました。

日頃から、周りの人たちに髪がパサパサだと言われていた私は、すぐにその本の内容を頼りに、ヘアケアを見直すことにしたのです。

まず、ブラッシングの方法→今までは暇さえあれば、髪をとかしていましたが、それはよくないとのこと。

そして、保湿対策→今までは、毛先が傷みやすく枝毛が多いので、その部分にだけリペアオイルを塗っていましたが、髪というのは地肌が生きている部分で、そこから長く伸びている部分をいくらケアしても根本的なお手入れにはならないとのこと。しかも顔と同じで、頭皮が乾燥するからトラブルが起きることもあるというのです。

それを知った現在、私は自分の髪に天使の輪ができることを目指して、ヘアセットと入浴前後以外には髪をとかさず、保湿をするときには顔と同じ化粧水とオイルを頭皮に塗っています。

自分で良いと思って続けていた方法で大きなトラブルがでなくても、間違っていることってあるんだなと痛感させらる出来事でした。

ヘアケアについての悩み

最近美容室に行って、カットとカラーをお願いしました。美容師さんに「トリートメントはどうします?」と聞かれたのですが、あまりお金をかけたくないという事もあり、トリートメントは無しでお願いしました。お金さえあればトリートメントも出来たのですが、また次にトリートメントをお願いしようと思っています。

ですがやっぱり、トリートメントをした方が良かったと後悔しています。

髪を染めた後はやっぱり髪が痛みますし、外に出れば紫外線で髪は固くなるしで後悔しかありませんでした。

後悔はしたけど、家でもケア出来る方法があると思い色々調べて試しているのが、コンディショナーを髪につけて数分置いてから流す、髪をドライヤーで完全に乾かす、なるべく髪をとぐ、薬局でトリートメントを買ってみたりなどなど、色んな事を試しました。

一番効果があったのは、コンディショナーを髪につけて数分置いてから流して、そこから薬局で買ったトリートメントをつけるという2つの事です。

1週間ほど試してみたらいつもより髪がサラサラで、枝毛などもなくなりました。なのでこれからもその2つを継続的にやっていきたいなって思います。