MENU

フィンジアにはフィナステリドと同様にAGAの原因である男性ホルモンを抑制する働きがある!

フィンジアはキャピキシル、ピディオキシジルという2つの注目成分を配合している、今一番高く評価されていると言っても過言ではない育毛剤です。

 

男性の薄毛のほとんどは男性型脱毛症:AGAによって引き起こされていることが分かっています。そしてこのAGAは男性ホルモンが原因で起こっているんです。AGAは病気の1つとして捉えられるようになり、今では皮膚科を始めとした病院で治療することができる時代になりつつあります。

 

そこでAGA治療成分として用いられているのが「フィナステリド」という成分です。このフィナステリドを配合している飲むタイプの育毛剤が「プロペシア」になります。これが現在最も主流となっているAGA治療薬ですね。

 

今回はフィンジアはフィナステリドの代わりになりうるのか、について考察してみたいと思います。

 

どちらも男性ホルモンを抑制!

フィンジアに配合されている成分「キャピキシル」、そしてプロペシアに配合されている「フィナステリド」。これらはどちらも男性ホルモンを抑制することで薄毛の進行をストップさせようという成分になります。つまり、近しい存在だと言えますね。

 

しかし全く同じ仕組みで作用しているわけではありません。若干内容に違いがあります。

 

まずフィンジアに使用されているキャピキシルから解説していきます。キャピキシルはアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3が合成された成分です。このうち男性ホルモンの抑制に役立っているのがアカツメクサの存在です。

 

アカツメクサにはたっぷりのイソフラボンが含有されています。このイソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きを持つことで有名です。健康食品や化粧品などにも良く用いられていますよね。女性ホルモンと似た働きを持つ=男性ホルモンを抑制する効果がある、ということになります。だからこそ最近ではイソフラボンを配合した育毛剤が増えているわけです。

 

キャピキシルはアカツメクサのイソフラボンだけでなく、これにアセチルテトラペプチド-3を組み合わせることによって髪の毛そのものをより強化し、抜けにくいものに育てる効果を持っています。

 

一方のフィナステリドについてですが、こちらはジヒドロテストステロン:DHTというAGAの直接的な原因となっている男性ホルモンの生成を抑制する働きを持っています。具体的には、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害することでテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを防ぐ、というものです。

 

これらを総合して考えると、キャピキシルは男性ホルモンの働きそのものを抑える、フィナステリドはAGAの原因となるDHTの生成を抑える、と割と明確な違いが見えてきます。

 

結局どちらが有効?

一概には言えませんが、やはり医療成分であるフィナステリドの方がAGAに対しては有効な可能性が高いと思います。もしキャピキシルの方がフィナステリドよりも優秀なAGA治療効果があるのなら、もしかすると医薬品に指定されてしまう可能性もありますよね。現状としてそうなっていないことを考えると、フィナステリドほど強力な効果は無いものだと考えても良さそうです。

 

フィンジアを選ぶメリットは?

そう考えるとフィナステリドを配合しているプロペシアを使った方が良いのでは?となりそうなものですがフィンジアならではのメリットもあります。

  • 病院で処方してもらわなくても通販で自分で購入できる
  • フィナステリドほどでないにせよ効果的に男性ホルモンを抑制できるのでAGA改善に期待が持てる
  • キャピキシルだけでなくピディオキシジルを始めとした各種成分が高濃度に配合されている
  • 副作用のリスクが少ない

と言った点が挙げられると思います。つまり、自宅で気軽に薄毛改善を目指したい、病院にかかるほどではない、という人にとってはフィンジアの方が使い勝手が良く感じられるのではないでしょうか。

 

またフィナステリドには副作用が起こるリスクが報告されています。頻繁に起こるものではありませんが、主に男性機能の低下、頭痛や吐き気などの体調不良が見られるそうです。出現頻度は高くありませんし、程度も軽いものだそうですが、それでも副作用があるのは怖いですよね。

 

フィンジアには特に目立った副作用は報告されていませんし、基本的に副作用のリスクの小さい成分だけで構成されているので多くの方が安心して利用できる、という大きなメリットもあります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


フィンジア

フィンジアの購入はこちらから

フィンジアの公式サイトへはこちらから