MENU

フィンジアの有効成分が前頭部の薄毛に効果的と話題に

薄毛のパターンはある程度決まっています。大きく分けると前頭部から来るもの、頭頂部から来るものの2つです。もちろん人によって様々なのですが、どちらにも共通していることは「できるだけ早めに対策した方が育毛効果を早く実感できる」ということです。そして幸いなことに、前頭部からの薄毛は頭頂部からの薄毛と比べて早く気づきやすいです。

 

そのため、鏡で自分を見たときに「前頭部の髪の毛が細くなってきた」「以前よりも髪の毛に元気が無くなってきた」「頭皮が透けて見える」と感じたらすぐにでも育毛に取り掛かることをオススメしたいです。

 

昔から色々な育毛剤が次々と登場していますが、最近になって新しい育毛成分が導入されるようになってきました。それが「キャピキシル」「ピディオキシジル」です。その2つの成分を配合している育毛剤としてフィンジアに注目が集まっています。今回は前頭部の薄毛とフィンジアを合わせて紹介していきたいと思います。

 

根本的な原因は男性ホルモンにあった!

男性の薄毛の大半は男性型脱毛症:AGAによって引き起こされていると言われています。そしてAGAのパターンの1つが前頭部から徐々に薄毛が広がっていって、最終的に頭頂部とつながり、側頭部以外は全てハゲてしまう…という状況に陥ってしまいます。

 

そしてこれを引き起こしている主な原因は「男性ホルモン」にあります。男性ホルモンにも色々なものがありますが、AGAの原因となっているのはジヒドロテストステロン:DHTです。このDHTは前頭部はもちろん、頭頂部にも集中しやすく、集中した場所に極端な抜け毛が起こることが分かっています。これがAGAの仕組みであり、男性ホルモンのDHTをいかに押さえられるかがポイントとなってきます。

 

そこでフィンジアに配合されている2つの有効成分が効果的というわけです。

 

まず、キャピキシルについてですがこちらは豊富なイソフラボンを含有しているアカツメクサが男性ホルモンの働きを抑制する効果が期待できます。そして同じくキャピキシルに含まれているアセチルテトラペプチド-3は髪の毛の毛包を丈夫にすることで成長を促し、育毛効果を高めてくれます。フィンジアに含まれるキャピキシルはこの2つの効果を併せ持つ次世代の育毛成分です。

 

前頭部は血行不良に陥りやすい?

前頭部の薄毛は男性ホルモンだけが原因ではありません。血行不良に陥りやすい部分でもあるからです。もともと毛細血管の数が少なく、これによって髪の毛の活性が低下しやすい部分なんです。髪の毛の成長にはタンパク質を始めとした各栄養が必要ですよね。これを運んでいるのは血液です。となると血行が悪い=十分な栄養が動かない、ということで髪の毛の成長が遅くなってしまう、あるいは細い髪の毛しか生えなくなる、と考えられます。

 

フィンジアはピディオキシジルが配合されていることでも高く評価されています。このピディオキシジルはAGA治療薬として用いられているミノキシジルと非常によく似た成分で、血液の流れを良くする効果があります。ミノキシジルはどうしても副作用のリスクが懸念されるのですが、ピディオキシジルはミノキシジルの副作用の部分を取り除いた成分として開発されたものなので、より安心して利用できる、という大きなメリットがあります。ちなみにピディオキシジルは別名「ミノキシジル誘導体」とも言われているほどです。

 

シャンプーの仕方にも注意してみよう

フィンジアとは関係ありませんが、前頭部の薄毛に悩む人はもしかするとシャンプーの仕方が悪いのかもしれません。というのが、意外とすすぎ残しが多い部分が生え際だったり前頭部だったりするからです。

 

当然シャンプーが残った状態で過ごしてしまうと、じわじわと頭皮にダメージを与えてしまうことになりかねません。そうなれば毛根部分に負担がかかってしまうだけでなく、最悪の場合だと炎症を起こしてしまったり、フケやかゆみの原因に。

 

そうならないためにも、いつも以上に入念にすすぐ習慣を身に着けておきたいものです。

 

もちろんシャンプーの仕方だけにとどまらず、普段から育毛に良いといわれる食生活を心がける、適度に運動をする、しっかりと睡眠時間を確保するなど生活習慣全般における育毛も意識していきましょう。

フィンジア

フィンジアの購入はこちらから

フィンジアの公式サイトへはこちらから