自分流ヘアケア術は危険?!

ある日、地元の図書館に行ったときのことでした。何気なく美容関係の本棚を見ていると、一冊の本が私の目に飛び込んできました。その本を手にとって、中を見てみると・・・そこには、今まで自分がしていたヘアケアは間違っているのではと思うような目からうろこの情報が、たくさん並んでいました。

日頃から、周りの人たちに髪がパサパサだと言われていた私は、すぐにその本の内容を頼りに、ヘアケアを見直すことにしたのです。

まず、ブラッシングの方法→今までは暇さえあれば、髪をとかしていましたが、それはよくないとのこと。

そして、保湿対策→今までは、毛先が傷みやすく枝毛が多いので、その部分にだけリペアオイルを塗っていましたが、髪というのは地肌が生きている部分で、そこから長く伸びている部分をいくらケアしても根本的なお手入れにはならないとのこと。しかも顔と同じで、頭皮が乾燥するからトラブルが起きることもあるというのです。

それを知った現在、私は自分の髪に天使の輪ができることを目指して、ヘアセットと入浴前後以外には髪をとかさず、保湿をするときには顔と同じ化粧水とオイルを頭皮に塗っています。

自分で良いと思って続けていた方法で大きなトラブルがでなくても、間違っていることってあるんだなと痛感させらる出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です