MENU

育毛に効果が期待できるのはポリリン酸よりもフィンジアの方が上かも?

キャピキシルとピディオキシジル、という注目の成分が配合されているフィンジア。当然これらの成分は優れた育毛効果を持っているために注目されているわけです。

 

少し前まで育毛業界の中で注目されていた成分があります。それがポリリン酸です。今でもポリリン酸を配合している育毛剤を使用している方もいらっしゃると思います。

 

ということで今回はフィンジアとポリリン酸について考えていきたいと思います。

 

ポリリン酸の効果は?

まずはポリリン酸の持つ効果から紹介していきたいと思います。

 

ポリリン酸というのは、酵母エキスのことで、優れた保湿効果を持っているのが特徴です。実はこの効果が発表されたのは割と最近の話で、少し前までは「従来の○○倍の発毛促進力を実現!」といった売り文句しか出ていないのが実際でした。

 

そのため「ポリリン酸ってすごいんだろうなあ」というイメージだけ植えつけて、実際の効果については不透明な部分があったのは事実です。

 

育毛情報タンパク質の機能を高める!?

まだポリリン酸の詳しい説明が出ていない頃に言われていたのが「髪の毛の成長を命令する育毛情報タンパク質(FGF)」の機能を高める!というものでした。

 

これによってきちんと毛乳頭に司令を与えて、髪の毛の成長を促すことができる育毛成分だと考える人がたくさんいます。

 

実は保湿成分だった

しばらくするとポリリン酸の持つ育毛効果について発表されました。内容を見てみると「保湿成分だった」ということもあって、若干拍子抜けした部分もあります。

 

確かに、頭皮にとって、育毛にとって保湿はとても大切な部分です。しかし育毛の観点から見ればあくまでも「サブ」的な要素の方が強いのも事実だと思います。

 

フィンジア1択!

ということで「フィンジアとポリリン酸を組み合わせる」という発想は間違っていないと思いますが「育毛のためにフィンジアを選ぶかポリリン酸を選ぶか」という発想はそもそも間違っていると言えるかもしれません。

フィンジア

フィンジアの購入はこちらから

フィンジアの公式サイトへはこちらから